essence”BYE BYE PANDA EYES!”マスカラレビュー

ドイツ美容

今回は、ドイツで購入できるプチプラコスメブランドであるessence(エッセンス)の新作マスカラ「BYE BYE PANDA EYES!」をレビューします。

ドイツにはお湯落ちマスカラがない?

日本ではお湯で落とせるマスカラを愛用しており、ドイツに来てからも日本で買ってきたストックで生活していました。そろそろドイツでもお湯で落ちるマスカラを探そうとネットで情報収集する日々。しかし…..全然見つかりません。

インターネットで探しても、ドラッグストアで探しても、見つかるのは「ウォータープルーフ」か「ウォータープルーフでないもの」の二択のみ。メイク落としが大変だし、まつげに負担がかかるので毎日ウォータープルーフは必要ない。だけど、涙目な私にとって水分に弱いマスカラを買うのはどうしても抵抗がありました。

そんな中、インスタグラムで流れてきたessenceの 「BYE BYE PANDA EYES!」 の広告。「パンダ目にならない!」のうたい文句の後、とってもさらりと「お湯で落ちる」の文字がを見つけました!早速飛びついて、次の日に買いに行きました。笑

BYE BYE PANDA EYES!使用感

ブラシはたっぷり液を含んで、非常に塗りやすいです。意外とさらっとした液なので、ブラシ先端にもったりついてくることがあります。先の余分な液に注意です。

肝心の使用感ですが….可もなく不可もなく、といったところです。良い点、気になった点について、以下でレビューします。

ロング効果について

個人的には「お湯落ちマスカラ」というと、繊維たっぷりのマスカラをイメージしてしまいます。私はそのようなマスカラの使用感が好きなのですが、”BYE BYE PANDA EYES!”は繊維たっぷりタイプではありません。繊維の入っていない普通のマスカラ液です。なので、正直ロング効果はあまり期待できません。

カールキープ力について

個人的に、マスカラの中で最も効果を重要視するのが「カールキープ力」です。どんなに長いまつげも、ボリュームのあるまつ気も、下を向いていたら意味がないと思ってしまいます。「まつげは、常に上を向いていなければ」と、某マスカラの広告にもあったくらいですし。”BYE BYE PANDA EYES!”のカールキープ力はというと…残念ながらそこまでありません。下地や他のマスカラと組み合わせる等、要工夫という感じです。

ボリュームについて

ボリュームは、控えめです。そこそこ存在感は強調してくれるのに、ゆっくりつければダマにもひじきにもならないので、その点は気に入っています。

結論

お湯落ち、にじみにくさ、値段は合格です!
カールキープ力が最大の難点なので、相性のいい下地が必要かなと思います。
にじみにくさを利用して、下まつげ用と割り切るのもありだと思います。
なんといってもお値段(3.49€!)が魅力なので、劇的な感動はなくても、手元に1本あると安心できるマスカラになりそうです。
この子を装備しつつ、まだマスカラの旅を続けようと思います。

それでは…
be yourself, be happy!

Anna

コメント

タイトルとURLをコピーしました